歯を失ってお困りの方へ

歯を失ってお困りの方へ|熊本市でよく噛める入れ歯は臣歯科診療所

臣歯科診療所では歯を失った方の最適な選択のお手伝いをいたします。

ホーム > 歯を失ってお困りの方へ

虫歯や歯周病などで歯を失った場合、放置しておくと、歯並びの崩壊やさらなる病気や不具合を招くことになります。
当院では、噛み合わせや欠損治療の経験の豊富な医師が患者さんのご希望を伺いながら、失った歯を補うための最良の治療をご提案します。

3つの治療法 それぞれの特徴

ブリッジ

治療法

失った歯の両隣にある歯を削って、ブリッジ(橋)をかけるように義歯を装着します。

メリット
  • 装着時の違和感があまりなく、安定感がある
  • 食事や会話にほとんど支障がない
  • 外科的手術の必要がない
  • 治療期間が短い
  • 入れ歯やインプラントよりも安価
  • 普段のお手入れは歯磨きですむ
デメリット
  • ブリッジを架けるため、両隣の健康な歯を削る
  • 両隣の歯に負担がかかり、その歯の寿命が短くなる
  • ブリッジ部分は汚れが溜まりやすい
  • 失った歯が多い場合は適応不可

入れ歯

治療法

取り外し可能な義歯を装着する。歯を多く失った方向けです。

メリット
  • 多くの歯を失った方におすすめ
  • インプラント治療より安価(※費用は使用素材によって変動)
  • 外科的手術が不要
  • 治療期間が短い
  • 自分で取り外せる。ブラッシングが簡単で清潔に保ちやすい
デメリット
  • 装着時に違和感がある
  • 食事のときに温度や味を感じにくい(※使用する素材による)
  • 噛む力が衰える(※使用する素材による)
  • 会話しにくくなる(※使用する素材による)
  • バネの調整などで定期的な通院が必要

⇒ 詳しくは「義歯(入れ歯)」をご覧ください

インプラント

治療法

歯を失った部分の顎の骨に人工の歯の根っこを埋め込み、そこに義歯を装着します。

メリット
  • 健康な歯を削らなくてよい
  • 健康な歯に負担をかけない
  • 安定感がある
  • 噛む力や話す力に影響がない
  • 見た目が美しい
  • 普段のお手入れは歯磨きですむ
デメリット
  • 外科手術が必要
  • 治療期間が長い
  • 自費診療なので、ブリッジや入れ歯に比べて費用が高い
  • 定期的な通院とメンテナンスが必要

⇒ 詳しくは「インプラント」をご覧ください

他院での治療が途中になっている方へ

他院でブリッジ、入れ歯、インプラントなどの治療をしたものの、治療途中で通えなくなったり中断している方も、お気軽にご相談ください。

PageTop