院長スタッフ紹介

スタッフ紹介|丁寧な対応で評判の大江の臣歯科診療所

困った事はお近くのスタッフにお気軽にご相談下さい。

ホーム > 院長スタッフ紹介

院長紹介

ごあいさつ

地域の患者さん(=大切な家族)を
歯科医師として支えたい

この度は、臣歯科診療所のホームページをご覧いただきましてありがとうございます。
当院は2012年に、私の生まれ育った地元である大江の地に開業いたしました。
医師の多い家系に生まれた私は、医師である親・親戚からいつも助けられていたという体験があり、私自身も家族や友人、そして地元の方を医療の分野で助けたいと考えていました。そんな想いからスタートした当院ですので、来院される患者さんには家族のように親しみを込めて接することをモットーにしています。
当院の診療方針を決めるモノサシは、“家族に受けてほしい歯科診療”かどうか。
家族には、本当に必要な歯科診療だけを、最良の技術と環境で受けてほしいと思うはずですよね。私自身も目の前の患者さんに対して、家族のためには何が必要かを常に考えています。

臣歯科診療所 院長 平島 将臣

「得意分野は“すべて”」 そう答えられてこそ、一流の歯科診療所

では、家族にとって本当に必要な歯科診療とは何でしょうか。
とりあえず痛みや不具合を取り除く治療も大切ですが、長い目で見たときに健康な歯でい続けられるかというところまで診ることが重要だと思います。
私は建築の分野にも興味があるのですが、お口の中は建築物と同じでいろいろな要素が複雑に影響し合っています。
悪いところだけを治療しても、根本原因を治さない限り再発したり、別の箇所が悪くなったりするので、私はお口の中をトータルで診る診療を行います。
私自身は大学病院で咬合修復(噛み合わせの診療)を専門とし、補綴学会でも欠損治療(入れ歯やインプラントなど)を学び続けていますが、得意分野は「すべて」だと答えるべきだと考えます。
お口の中はすべて繋がっており、すべての分野に精通していなければ、家族(患者さん)にとって最良の歯科診療を提供できないからです。

私やスタッフ一同は、このような想いを持って、患者さんにとってベストな歯科診療を選択し、わかりやすくご説明しながら一緒に治療を行ってまいります。
人生80年としたら、これから先もずっと付き合っていく歯は本当に大切にしなければいけませんよね。
わからない点や不安なことは何でも遠慮なくご質問・ご相談ください。

プロフィール
1978年 4月29日熊本生まれ
1991年 熊本市立大江小学校
1994年 熊本市立白川中学校
1997年 熊本学園大学付属高校
2006年 福岡歯科大学卒業
2006年 福岡歯科大学医科歯科総合病院
咬合修復学講座入局
2009年 熊本市内歯科医院勤務
2012年
7月7日
熊本、大江に臣歯科診療所開設
所属学会・セミナー
  • 日本補綴歯科学会
  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本レーザー歯科学会
  • IOR
  • KOC
  • AOG
  • あすか会

スタッフ紹介

来院して最初に顔を合わせ、患者さんと医師との間に立って調整役をするスタッフは、患者さんが心地よく診療を受けていただけるよう心を配っています。
雑談でも構いませんので、気になることがあれば何でも遠慮なくお話ください。

PageTop